ZEHゼロ・エネルギー住宅

ゼロ・エネルギー住宅とは

クリーンエネルギーでエコに暮らしたい人へ
太陽光発電システムを取り入れ、エネルギーの自給自足を目指します。

ゼロ・エネルギー住宅とは

高い断熱性能や省エネルギー性能に優れた住宅設備機器の導入により、家庭で消費するエネルギーを減らし、さらに消費した量と同等以上のエネルギーを太陽光発電システムなどで創り出す住宅をゼロ・エネルギー住宅といいます。国は2030年に一般的な新築住宅をゼロ・エネルギー住宅にすることを目指しています。

ゼロ・エネルギー住宅のイメージ
上げ家・曳き家って何だろう?

ZEH達成に必要なポイントは断熱・省エネ・創エネの3つ

1.断熱

断熱性能を向上して、エネルギーを最小限とする住宅を建てる。(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)

2.省エネ

家で消費する電力を減らす為に、HEMSや省エネ性の高い機器・照明器具などを取り付け。

3.創エネ

家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、太陽光発電で発電。(+蓄電池で電気を蓄える)

ZEHには75万円の補助金が支給
本事業は、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すべく、ZEHの普及を加速させることを目標として、ZEHを新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。
※補助金の支給は地域区分・建物規模によらず全国一律です。

ZEHゼッチのメリット

メリット1

健康への影響

健康への影響

高断熱住宅は居室間の温度差による急激な血圧上昇を防ぐほか、その総合的な効果により健康改善に結び付いているという調査結果もある。

メリット2

健康への影響

光熱費の削減

ZEHにすることで、光熱費は一般的な在来住宅と比較して大幅に削減することができる。そのため、地球にも、そして家計にも優しい住まいになる。

メリット3

健康への影響

災害時にも貢献

太陽光発電による創エネと蓄電池による畜エネを組み合わせれば、停電時でも生活に必要な電気機器を稼働させることが可能になるため、災害時にも強い。

メリット4

健康への影響

快適性の向上

高断熱に加え、自然の力を利用するパッシブデザインという設計手法により、省エネとともに、光や風の心地よさ、太陽の暖かさにより快適性も向上する。

具体的なZEH普及策

1. ZEHの周知・普及に向けた具体策

お問い合わせいただいたお客様や現場見学会の来場者様へ、ZEH住宅の活動をPRし、周知活動を行います。また、自社ホームページにはZEH関連の取り組みを掲載し、地域社会に向けて普及活動を行います。

2. ZEHのコストダウンに向けた具体策

全棟ZEH仕様を目指し、年間を通しての発注量の安定化、取引先に集中発注することにより、コストダウンを図ります。また断熱材やサッシなどを使用している建材の見直しを行い、原価・施工性に配慮し、選定していきます。

3. その他の取り組みなど

今後も、自然エネルギーを活かす商品や省エネルギーの商品が開発されていく中で、新商品・新工法などの情報取得・探究をしていきます。

4. 今後の普及目標

「今後の普及目標(年度ごと)PDFファイル」をこちらをクリックしてご覧ください。